シアリスジェネリック

シアリスジェネリック/ed治療薬シアリスジェネリックを紹介します

シアリスジェネリック

シアリスジェネリックは、今までed治療薬と言えば「バイアグラ」と言われていた、いわば王者の牙城を奪いつつある「シアリス」のジェネリック薬です。

 

成分はシアリスと同じく、タダラフィルという長時間効果が続く成分が配合されています。

 

勃起を助ける効果はバイアグラが4時間に対して、シアリスジェネリックは36時間と、実に9倍もの持続時間の差があります。

 

週末の土曜の夜にのむと効果は月曜の朝まで続くところから、欧米ではウィークエンド・ピルとよばれて愛用されています。

 

 

バイアグラのように、セックスのタイミングを計って薬を飲まなくてよく、薬を持ち歩く必要もないんです。

 

もう一つの大きな特徴は、食事の制限を受けない事です。

 

バイアグラは食事をする前の空腹時に飲まないと効果を発揮しませんが、シアリスジェネリックは食事をしてからでも飲むことが出来るため、パートナーとゆっくり食事を楽しんでから飲んでも何の問題もありません。

 

このように、たくさんのメリットがあるシアリスの効果をそのままに、ジェネリックの魅力である価格の安さを兼ね備えているのがシアリスジェネリックです。

 

実際週刊誌でもシアリスの特集が組まれるほど認知度が高まっており、ed治療薬と言えば「シアリス」と言われる時代はもうそこまで来ています。

 

いまの所、シアリスジェネリックは海外からしか手に入らないので、「個人輸入代行業者」に依頼して購入することになります。

 

購入方法や注意する点などを説明していきますので、参考にして下さい。

 

36時間持続する効果や食事の影響をあまり受けないなどのメリットが多いシアリスジェネリックの詳細はこちらをご覧ください

シアリスジェネリック個人輸入

シアリスジェネリックを購入するには、個人輸入と言う方法で海外から購入することになります。

 

個人輸入について

 

一般的には、手続きの煩わしさなどもあり、個人の輸入手続きを代わりにしてくれる「個人輸入代行業」から購入することになります。

 

ここで気を付けなければいけない事は、個人輸入代行業者の全てが、誠意をもって「正規品」のシアリスジェネリックをを販売してはいないと言うことなんです。

 

 

いわゆる「偽造品(ニセモノ)」を販売している業者がかなりの数にのぼると言う事実があるんですね。

 

製薬会社が調査したところ、インターネットの通販で出回っている薬の6割は偽造品であったとの報告があるくらい、大量の「ニセモノ」が流通しているんです。

 

偽造品を作っている工場は、衛生管理もなされていない劣悪な環境なので、薬の中に何が紛れ込んでいるかわかりません。

 

薬は身体の中に入るものなので、思いもよらない副作用が発生するかわかりません。

 

シアリスジェネリックを購入する際に最も注意をしなければならないのが、正しい個人輸入代行業者の選択なんです。

 

このサイトで紹介している業者は、すべて「正規品」のみを販売している業者なので、安心して購入できます。

 

悪質な業者に気を付けながらシアリスジェネリックもっと知りたい方はこちらからお入りください

シアリスジェネリック効果

シアリスジェネリックは、食事に関係なくいつでも服用することが出来ますが、効果は早い人ですと30分位で現れてきます。

 

「モーニングピル」の別名が示すとおり、36時間も効果が持続するので土曜日の夕方に服用すれば、月曜日の朝まで効き続けることになるので、この名前が付いたんです。

 

ただ、シアリスジェネリックはいわゆる「精力剤」ではないので、接触などの性的刺激が無いと勃起を促すことが出来ません。

 

また、36時間勃起した状態が続くわけではなく、性的刺激があった時だけ勃起し、行為が終わると元の状態に戻ります。

 

ここで、勃起のメカニズムとシアリスジェネリックの働きを説明しましょう。

 

 

ペニスは陰茎海綿体に血液が充満することで硬く勃起します。

 

性的刺激を受けると海綿体の動脈から一酸化窒素が分泌され、それが動脈を広げて血流をふやす合図になります。

 

しかしこの過程のの途中で、何かの理由でPDE5という酵素が生まれると、それが血管を広げるじゃまをして充分に勃起しなくなります。

 

この酵素の作用を阻害するのがPDE5阻害薬とよばれるED治療薬なんです。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリス(メガリス)の3大ED治療薬はすべてPDE5阻害薬なんですね。

 

ただし、重症の糖尿病や下腹部の手術の後遺症などで血管や神経に障害がある場合は、シアリスジェネリックは効果がありません。

 

いずれにしても、バイアグラやレビトラの足りない部分を研究して作られたシアリスは、今からのED治療薬のスタンダードになっていくのは間違いないでしょう。

 

36時間効果が持続するシアリスをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

シアリスジェネリック飲み方

シアリスジェネリックを飲んでも効果をあまり感じることが出来ない場合、ほとんどの原因が「空腹時に飲んでいない」事なんです。

 

「シアリスジェネリックは食事の影響を受けない」と言われていますが、正式には「バイアグラやレビトラに比べれば食事の影響を受けにくい」と言うのが本当の所です。

 

どのED治療薬でも、血液中に成分が吸収されてはじめて効果を表すので、胃の粘膜に吸収を妨げるような何らかの膜のようなものがあったとすれば、当然効果は期待できませんよね。

 

具体的に説明しますと、例えば中華料理のような脂っこい食事をして、その脂分が胃の中に残った状態でシアリスジェネリックを飲んでも、血液中に吸収されるまでに時間がかかってしまい、効果が出てきたときにはパートナーが帰ってしまったなどという洒落にならない事が起こる可能性が高いんです。

 

バイアグラやレビトラに比べて、血液中に吸収される速度がゆっくりなシアリスジェネリックは効果が長持ちするので、多少脂っこい食事をした後に服用しても大丈夫なんですが、効果が表れるのに時間がかかるということなんですね。

 

これらのことを踏まえて、間違いなく効果を発揮させるには、「食事をする前の空腹時に服用」する事です。

 

胃の中に何もない状態でシアリスジェネリックを服用すれば、成分が素早く血液中に吸収されて効果を表し始めます。

 

なので、食事をしたい場合はシアリスジェネリックの成分が完全に吸収されると思われる服用後30分以上経過した後に食事をして下さい。

 

そうすれば、すでに血液中に成分は吸収されている訳ですから、多少脂っこい物を食べたとしても効果に変わりは無くなる訳です。

 

参考までに、シリアスを発売しているイーライリリー社の資料では、シアリスは800kcalを超える食事を取った後に服用する場合、効果が50%ほど低減すると記載されています。

 

800kcalと言うと、牛丼(並)いっぱいの分量に相当します。

 

どのED治療薬であっても「食事の前の空腹時の服用」が基本であることを覚えておきたいですね。

 

空腹時に飲む事で最高の効果を発揮するシアリスの詳細はこちらをご覧ください

シアリスジェネリック・ソフトタブレット

米国イーライリリー社の2013年上半期決算によると、シアリスは、PDE5阻害薬のカテゴリーの中で、2年連続で世界最大の売上を維持し、PDE5阻害薬としてのシアリスの全世界シェアは42%になったとの事で、文字通りシアリスはバイアグラを抜いてed治療薬のトップに躍り出ているんですね。

 

日本では、まだまだバイアグラが高い人気を維持しているようですが、効果が最大36時間持続する事や、食事の影響をあまり受けない事から、世界的にはシアリスの評判の方が圧倒的に高いんです。

 

その人気のシアリスに、「シアリスソフト」というタブレットタイプがあるのをご存知でしょうか。

 

シアリスソフトはタブレット状のED治療薬で、舌の裏の粘膜から直接吸収されます。

 

シアリスソフトは口内で溶ける薬なので、服用の際に水が必要なく、パートナーに薬を飲んだことが気づかれにくいメリットもあるんです。

 

口の中で、ソフトタブがすべて溶けた後、水を一杯飲むと、より吸収がよくなります。

 

細かい話になりますが、タブレットタイプなので持ち運びにも便利で、カプセルタイプのように中身が破れてこぼれるようなこともありません。

 

シアリスのジェネリック薬にもソフトタブレットタイプがあります。

 

「エキシーラ・ソフトタブレット」という名称でタダラフィルが20mg配合されているお薬です。

 

ある程度の年齢になると、薬を飲みこむ事が苦手になってきますが、ソフトタブレットタイプですと、口の中で自然に溶けるのを待つだけなので、楽ですよね。

 

水なしで飲むことが出来るソフトタブレットもあるシアリスジェネリックの詳細はこちらをご覧ください

シアリスジェネリック・特許

薬を新しく開発するには、長い時間と巨額の開発費が掛かります。

 

その開発者の権利(知的財産権)を守るため、特許が認められています。

 

特許とは、最初に開発したり発見した者が一定期間独占的に販売権を与えられる権利のことを言います。

 

医薬品の特許には、新しい化学構造の物質が医薬品に使用できることを発見した際に与えられる「物質特許」、既存の医薬品の新しい製造方法を発見した際に与えられる「製法特許」、錠剤からカプセル剤など既存の医薬品を新しい製剤によって処方すると有効であることを発見した際に与えられる「製剤特許」、既存医薬品の新しい効能や効果を発見した際に与えられる「用途特許」の4種類が存在するんです。

 

この4つの特許の中で製薬会社にとって特に重要で、収益に貢献できる特許が「物質特許」なんです。

 

現在の特許法では、取得した特許権の存続期間を出願から20年と定めています。

 

通常、治験を行う前の段階で特許の出願を行うので、その後の開発・審査に10〜15年ほどかかることを差し引けば、製薬会社が実際に新薬を独占販売できる期間は5〜10年ほどに過ぎないことになります。

 

なので、国も製薬会社の申請によって、「特許発明の実施をすることができない期間」として5年を上限に特許の延長を認めているんですね。

 

ED治療薬の「バイアグラ」は成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了したので、どこの製薬会社でもバイアグラのジェネリックを製造販売できるようになりました。

 

シアリスの特許期限は2023年から2028年頃なので、当分国産のシアリスジェネリックを手に入れることは出来ないという事になりますね。

 

購入可能なインド製のシアリスジェネリックの詳細はこちらをご覧ください


ホーム RSS購読 サイトマップ